ゆとり世代の仕事の特徴や長所とは?年齢はいつからいつまで?

どうも、NOKAです。

ゆとり世代は何かと注目される世代ですが、

いつからいつまでをゆとり世代というのでしょうか?

また、仕事の特徴や長所はあるのでしょうか?

 

illust_1

 

ゆとり教育は、2002年~2010年まで実施されており

この期間に義務教育を受けていた人たちがゆとり世代です。

年齢的には、1987年~2004年生まれの人たちがゆとり世代となります。

 

ゆとり世代の特徴や長所は?

 

詰め込み型の教育による受験戦争などが

社会問題となっている1970年代頃にゆとり教育は提唱されました。

これまでの知識重視型の詰め込み型の教育ではなく、

自分で課題を見つけ考え学び行動し解決する力をつけることを

重視した教育を目指すことがもともとの趣旨でした。

 

具体的にゆとり教育で変化した事は次の通りです。

  • 授業時間を削減
  • 教科書が薄くなった
  • 科目が減った
  • 休日が増えた
  • 絶対評価の導入

 

時間的、精神的にゆとりをもった教育にすることで、

自ら学ぶ力を身につけていこうとしたものの、

結果的には甘やかされた世代と言われたり

そう見られることが多くなってしまったと思います。

 

そんなゆとり世代の人たちには次のような特徴が

あると言われているみたいです。

  • 上司とのお酒をきっぱり断る
  • 自分がやりたいことにこだわる
  • ストレスに弱い
  • インターネットに強い
  • 言われたことしかやらない
  • マニュアルや答えを求める
  • オフィスにかかってきた電話にでない
  • 現実的
  • 失敗を恐れる
  • 自分の時間を大切にする

 

ゆとり世代の特徴を見て思わず納得してしまった

という方も少なくないかもしれませんが、

ゆとり世代に限らずどんな世代にも特徴はあります。

授業時間が減ったなど甘やかされた世代という

イメージが大きいためゆとり世代だけが何かと

クローズアップされるようになったのではないでしょうか?

 

どちらかと言うと、短所に目が行きがちな

ゆとり世代ですが長所もあります。

 

例えば、言われたことしかやらないという特徴は、

しっかりと教わればこなせるようになるということだと思います。

短所とも取れますが、ゆとり世代の特徴を理解していれば

逆に長所に変えてしまうこともできるのではないでしょうか。

 

ゆとり世代の人が壊さなければならない壁

 

僕個人的にはゆとり世代の場合には

壊さなければならない壁が存在していると思います。

僕もゆとり教育を受けたひとりなのですが、

ネットビジネスで独立してからいろいろと考えた

ことがあったのでこちらでお話していきます。

 

1つ目は、言われたことしかやらないということについてです。

言われたことだけをやっていれば失敗することは少ないので、

それなりに上手くこなしているような気がすると思います。

 

自分から行動すると、失敗する確率は大きくなりますし

失敗した時はとてもみじめな気持ちになるかもしれません。

ただ、行動しないと失敗することもなくなってしまうので、

学ぶ機会が減ってしまうことになりかねません。

 

ゆとり世代は失敗を恐れるという特徴もあると言われていますが、

失敗は別に悪いことではありませんし失敗しない人は誰もいません。

 

失敗を恐れて行動できなくなってしまったり、

失敗した時に何も学ぼうとしない、

ということが問題なのではないかと思います。

 

例えば、初めて自転車に乗った時はうまく乗れなくても、

練習して何度も転んで起き上がってを繰り返しているうちに

ちょっとずつ乗れるようになっていったと思います。

いきなり上手に乗れたという人はほとんどいないでしょう。

 

なので、いきなり失敗しない方法を求める事自体が

ナンセンスな考え方なのではないかなと思います。

失敗を恐れて言われたことしかできないという場合は、

自分の成長速度が遅くなってしまうだけです。

 

なので、「言われたことだけをやっていればいいや」 という

考え方を捨てて、いろいろなアイデアを考えて

やってみて失敗して学んで成長するという

サイクルをまわすことが大切になっていきます。

 

2つ目は 「マニュアルや答えを求める」 についてです。

マニュアルや決まった答えがあればその通り

こなすだけなので、失敗をしてしまう心配はなくなります。

 

「マニュアル通りにやっていれば正解。

だからマニュアルがあれば失敗はあり得ない。」

この理論は半分正解で半分間違いです。

 

どれだけ完璧なマニュアルを作ったとしても、

必ず例外が存在していますし、最終的には

マニュアル以上の事ができなければならなくなります。

なので、マニュアルがなくてもやっていける力を

身に付けることのほうがよっぽど重要です。

 

試験の時は自分で答えを導き出さなければなりませんよね。

答えを教えてくれるのは学校の授業だけかもしれません。

仕事も自分で答えを導き出すことができなければ、

どんな仕事をやっていっても大成することは難しいでしょう。

 

指示されるのを待ったり、マニュアルや答えを求める考え方は

長い目で見ると自分の成長を阻害してしまう原因になってしまいます。

 

自分から目的意識を持って行動する。

失敗した時は、なぜ失敗してしまったのか

ということを考え、次にやる時は改善する。

 

この 『トライアルアンドエラー』 が何度も平気で出来るようになることが

ゆとり世代が壊さなければならない壁のような気がします。

 

例えば、僕がネットビジネスをはじめたばかりは

失敗ばかりで結果も全然出ませんでしたが、

失敗からいろいろな事を学んでいくことで

少しずつ結果がでるようになっていきました。

 

失敗を恐れていたり、指示されるのを待っている

というスタンスではこの 『トライアルアンドエラー』 を

何度も平気で繰り返すことができなくなります。

 

ゆとり教育を受けた責任はゆとり世代の人にはありませんが、

ゆとり教育によって生じるリスクについてはひとりひとりが

しっかりと把握して改善していかなければならないのかなと思います。

 

僕のメルマガではネットビジネスについてはもちろん、

過去の体験談なども配信しているので、

興味があれば こちら から登録して読んでみてください。

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

lifeisfantasy



コメントを残す