青色申告65万『預金出納帳』の書き方と記入例、利息の仕訳方法

どうも、NOKAです。

本記事では青色申告に必要となる『預金出納帳』の

書き方や記入例について解説をしていきます。

 

預金出納帳は、銀行口座の内容がそのまま反映されるように、

記帳していけば問題ありませんが、

どのように記帳すれば良いのか具体的に実例を

見ながら説明していきたいと思います。

※使用する会計ソフトは『やよいの青色申告 』です。

 

預金出納帳を記帳する前に

 

預金出納帳を記帳していく前に、

口座の残高設定をしておきましょう。

 

『預金出納帳』と『口座残高』は常に一致していなければ

ならないので、口座を準備していない場合は

使用している口座の残高を記帳しなければなりません。

(記帳スタートは開業日からとなります)

なので、開業日時点で口座にある残高を

預金出納帳の『繰越残高』に設定する必要があります。

 

 

yokinsuitoutyou

繰越残高を設定するためには、『導入』から

『科目残高入力』をクリックします。

 

yokinsuitoutyou2

すると、科目残高入力画面に移動するので、

勘定科目の『普通預金』をクリックして、

ページ下に補助科目(銀行名)を表示させます。

(※事前に補助科目は別途設定が必要です)

銀行名を表示させたら、開業日時点の残高を

『前記繰越残高』に入力していきます。

 

これで、預金残高と預金出納帳の金額が一致します。

口座が複数ある場合は、同じ作業を繰り返し行い、

口座の残高と預金出納帳の金額を一致させていきます。

 

預金出納帳の記入例

 

預金出納帳の記入例をご紹介していきます。

残高がマイナスになっていますが、

前記繰越残高の設定をしていないのでこのような表示になります。

yoki

こちらの、画像を参考にして解説をしていきます。

 

2月1日(現金引き出し)

 

さて、2月1日の欄を見てみると、

現金を引き出したという処理がされています。

これは、事業用の口座から事業用の財布に

現金50,000円を引き出したということです。

入力箇所は、「日付、相手勘定科目、適用、引き出し金額」の4箇所です。

ちなみにATM手数料の入力は上記の通りです。

 

2月14日(利息受取)

 

銀行口座に預金していると利息を受け取ります。

この利息は売上としては扱わず個人事業主の場合は

『事業主借』の項目を使って処理します。

ちなみに、分離課税で税金が引かれている部分は

記帳する必要はありません。

 

2月20日(水道光熱費の支払い)

 

水道光熱費を支払った場合の処理です。

今回は電気代の引き落としを記帳しています。

記入が必要な箇所は、

「日付、相手勘定科目、適用、引き出し金額」です。

 

2月24日(報酬振込)

 

Google AdSense 報酬が振込まれた場合の例です。

帳簿をよく見て欲しいのですが、

勘定科目が『売掛金』となっていますよね。

 

報酬の振込は預金出納帳に記載しますが、

報酬が発生した日は別に『売掛帳』で管理しています。

 

つまり、『Google AdSense報酬が発生した日』と、

『Google AdSense報酬が振込まれた日』

この2つの入力が必要となるわけですが、

預金出納帳では『報酬が振込まれた日』の入力をします。

 

では、売掛帳ではどのような処理が行われているのか見てみましょう。

urikaketyou

 

2月24日のところに、預金出納帳の内容も反映されています。

 

1月31日の報酬確定日の部分は売掛帳に直接入力します。

売掛帳に勘定科目『売上高』で金額を入力して、

預金出納帳の『売掛金』の入力で相殺される形になります。

 

複雑に考えずに、報酬発生日は売掛帳に入力、

振込まれたら、預金出納帳に入力という風に

覚えておけば良いと思います。

 

2月27日(生活費の引き出し)

 

事業用の口座から、生活費を引き出すこともあるでしょう。

そういった場合には『事業主貸』の勘定科目を使用します。

適用には『自家消費・家事消費』を使用します。

 

ちなみに、生活費を引き出す場合には

まとめて引き出す方法がおすすめです。

何度も使う度に引き出すと入力する手間がその都度発生するので、

毎月使用する生活費をだいたい決めてまとめて引き出せば

記帳は最低1回だけで済ませることができます。

 

預金出納帳で間違いやすいポイント

 

預金出納帳は仕組みが分かればさほど難しくありませんが、

売掛帳や現金出納帳などにも反映される記帳に関しては、

記入漏れや間違いがないように注意しましょう。

 

勘定科目の仕訳についてはこちらをご参考下さい。

>>ネットビジネスでよく使う勘定科目一覧

 

lifeisfantasy



コメントを残す