エックスサーバー(Xserver)にWordPressを自動インストールする方法

どうもNOKAです。

本記事ではエックスサーバーに WordPress を

自動インストールする手順方法について

動画で分かりやすく解説していきます。

 

WordPress-Image

 

WordPressを自動インストールする方法の動画講義

 

 

 

エックスサーバーの導入がまだの方は先に

導入を済ませておきましょう。

⇒ エックスサーバーのお申し込みはこちら

 

Xserver に WordPress をインストールする方法

 

WordPress のインストールを手作業で行うとなると

データをダウンロードしてきて、そこから自分で書き換えて

アップロードを行うという作業がありますが、

この方法は非常に手間がかかりわかりにくいです。

 

しかし、エックスサーバーを使えば、

ワンクリックで WordPress を全て自動インストール

することができるのでとても簡単で便利です。

 

エックスサーバーで WordPress を自動インストールするには、

まずエックスサーバーのインフォパネルにログインします。

 

xserver

 

インフォパネルにログインしたら、「ご契約一覧」からサーバーパネルに移動します。

 

xserver2

 

サーバーパネルに移動したら、

WordPress をインストールしたいドメインに切り替えを行います。

画面左下の「設定対象ドメイン」からドメインの切り替えをします。

 

xserver3

 

ドメインの切り替えが完了したら、「ホームページ」の列にある

「自動インストール」をクリックします。

 

xserver4

 

自動インストール画面に移り変わったら、

タブを「プログラムのインストール」に切り替えます。

 

xserver5

 

すると、一番上に WordPress 日本語版があるので、

「インストール設定」をクリックします。

 

xserver6

 

次に、必要項目を入力していきます。

「インストールURL」は何も入力しないで下さい。

「ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレス」は

任意で自分の好きなように入力します。

「データベース」は自動でデータベースを生成するにチェックマークを入れます。

 

また、必ずユーザー名とパスワードを控えておきましょう。

後ほど WordPress にログインして編集する際に必ず必要です。

確認たら、インストールをクリックします。

 

xserver7

 

インストールをクリックすると、確認画面に移動するので、

確定ボタンをクリックします。

 

xserver8

 

すると、インストールを完了しましたという画面が表示されます。

画面内の WordPress のログイン URL をクリックしてログインしましょう。

ログイン URL はブックマーク登録しておくと忘れる心配がありません。

 

xserver9

 

ログイン画面に移動したら、先ほど控えておいた

ユーザー名とパスワードを入力しログインします。

この際に「ログイン状態を保存する」にチェックマークを

入れておくとユーザー名、パスワードを

入力しなくてもログインできる様になります。

 

xserver10

 

WordPress の編集画面にログイン出来ましたら、

次は初期設定を行っていきましょう。

 

WordPress導入後はお忘れなく!6つの初期設定を完全攻略

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す