『WP-PostViews』記事毎の閲覧数表示とランキングの設置方法

どうもNOKAです。

本記事では記事毎の閲覧数を自動的に表示してくれ

また、人気記事や不人気記事ランキングを設置できる

WP-PostViews について動画で解説していきます。

 

wordpress-plugin

 

『WP-PostViews』使い方についての動画講義

 

 

人気記事ランキングを画像付きで設置するなら

『 WordPress Popular Posts 』がおすすめです。

⇒ 『WordPress Popular Posts』の導入と設定方法はこちら

 

WP-PostViewsの導入と設定方法

 

WP-PostViews は記事管理画面に記事毎のアクセス数を

自動的に表示してくれるので、どの記事がどれくらい

読まれているかということを一目で確認することが出来ます。

また、人気記事、不人気記事ランキングを設置することも

できるので、ぜひインストールしておきましょう。

 

インストールの手順方法は、

WordPress のダッシュボードからプランクトンの新規追加を

クリックして、「 WP-PostViews 」と入力し検索をかけます。

 

WP-PostViews

 

すると一番上のところに表示されるので、

いますぐインストールをクリックします。

 

WP-PostViews2

 

インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

 

WP-PostViews3

 

プラグインを有効化をクリックすると、

「設定」に「 PostViews 」が追加されるので、

クリックして設定画面に移動します。

 

WP-PostViews4

 

クリックすると、「 WP-PostViews 」の設定画面に移動することが出来ます。

 

WP-PostViews5

 

「 Count Views From 」ではカウントするアクセスの対象範囲を

設定することが出来ます。こちらでは、訪問者のアクセス数を

確認する設定にするので「 Guest Only 」を選択します。

 

「 Exclude Bot Views 」では、クローラーのアクセス数を

カウントに含めるかという設定なので、「 NO 」を選択します。

 

「 Views Template 」は閲覧数を記事管理画面に

アクセス数を表示させるときの表示方法を設定することが出来ます。

デフォルトのままだとアクセス数が「 ◯◯views 」というふうに表示されます。

 

WP-PostViews6

 

「 Most Viewed Template 」ではウィジェットとして

人気記事または不人気記事ランキングを設置した時の

表示設定を行っていくことが出来ます。

下記の変数を使用することでテンプレートを編集出来ます。

 

Allowed Variables:

– %VIEW_COUNT% 表示回数

– %POST_TITLE% 記事のタイトル

– %POST_DATE% 記事の日付

– %POST_TIME% 記事の時刻

– %POST_EXCERPT% 記事の抜粋

– %POST_CONTENT% 記事の内容

– %POST_URL% 記事のURL

 

WP-PostViews7

 

「 Display Options 」ではウィジェットを表示させる対象範囲を

設定することが出来ます。それぞれ「 Display to everyone 」

「 Display to registered users only 」「 Don’t displayon ◯◯ 」

とあるので、全てのユーザーに表示させたい場合は、

「 Display to everyone 」を選択して下さい。

 

各項目の設定ができたら、

「 Save Changes 」をクリックして設定を保存して完了です。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す