職場に馴染めないで孤立した時ストレスが限界になる前にやるべき対処法

どうも、NOKAです。

職場に馴染めるか馴染めないかはその

仕事を楽しく出来るかどうかを左右する

重要なポイントだと思います。

 

ですが、どうしても職場に馴染めないで孤立してしまった

場合にはどうすれば良いのでしょうか?

また、ストレスが限界に達してしまわないために

やっておくべき対処法はあるのでしょうか?

 

職場に馴染めない人の特徴

 

職場 馴染めない

 

  • コミュニケーション能力が低い
  • 仕事が遅い
  • 社会人としての経験が浅い
  • 言い訳が多い
  • 仕事が楽しくないと感じている

 

職場に馴染めない人の原因はいろいろとあると思いますが、

どんな原因であれ、職場に馴染めなくなっていまった場合

円滑に業務を行っていくことが難しくなってしまう場合もあります。

 

また、一度円滑に業務が進まなくなってしまうと、

その後再び改善することが難しくなりますし、

いろいろなトラブルの原因になったり

ストレスが溜まる原因にもなります。

 

他にも、上司や同僚、お客さんとのコミュニケーション

長時間労働、繁忙時期、低賃金などなど

仕事に関するストレスはキリがありませんし、

プライベートや将来の不安など様々な

ストレスがかかっている場合も多いでしょう。

 

ストレスが限界に達する前に

 

例えば、職場に馴染めないでストレスが溜まると

それが原因でミスをしてしまうことも多くなります。

そうなるとさらにストレスが溜まってしまう

悪循環に陥ってしまうことになり、

やがてストレスが限界に達してしまい爆発してしまう

なんてことになってしまうかもしれません。

 

誰でも多少のストレスに耐える力は持っていますが、

そのキャパシティをオーバーしたストレスが

かかってしまうといろいろと支障をきたすことになりそうです。

 

なので、ストレスから解放される方法を見つけておく

ということが大切なのかもしれません。

 

ストレスを軽くする方法もたくさんありますが、

それでは一時的な解決にしかならず、

問題の根本的な解決には至りません。

 

職場に馴染めないでストレスが限界に達して

しまいそうな場合は、その職場から解放されれば、

ストレスから解放されることができます。

 

しかし、そのストレスに耐えながら

働き続けるという場合も多くあると思います。

なぜなら、お金が得られなくなってしまうから。

会社を辞めるに辞めれない場合は

経済的な理由が大きいと思います。

 

なので、職場に馴染めないでストレスが溜まってしょうがない

という場合は予め会社を辞めた場合の経済的な問題を

解決出来る方法を身につけておくことができれば安心です。

 

会社で働きながら、別に収入を得る方法を身につけておけば

いつ会社を辞めたとしても問題はありませんよね。

逆に、経済的な問題を解決することができない場合に、

会社に縛られてしまうということになってしまうのではないでしょうか?

 

職場に馴染めない=短所ではない

 

冒頭で職場に馴染めない人の特徴を上げましたが、

それをもう一度確認しておきましょう。

 

  • コミュニケーション能力が低い
  • 仕事が遅い
  • 社会人としての経験が浅い
  • 言い訳が多い
  • 仕事が楽しくないと感じている

 

どれも、パット見は 『 短所 』 に見えてしまいますよね。

 

コミュニケーション能力は高い方が良いはずだし、

仕事は速い方が絶対に評価が高いはずだし、

社会人としての経験は多い方が立派だし、

言い訳が多いなんて社会人としてあり得ないし、

仕事は楽しいと思わないとやってられないはず・・・

 

一般的にはそういった考え方になると思います。

ですが、僕はそうは思わないんですよね。

 

別にコミュニケーションが取れなくてもやっていける仕事もありますし、

仕事が遅いのは丁寧な作業につながると思うし、

社会人の経験はそこまでいらないと個人的に思っているし、

納得出来ないなら言い訳だってしたくなるし、

楽しくない仕事を無理に楽しいと思うのも変だと思います。

 

コミュニケーションが苦手なら、コミュニケーションが

必要ないような仕事を選べばいいだけですよね。

そういう人がコミュニケーションが必要な仕事を

選んでしまったから馴染めていないだけかもしれません。

 

なので、例えば人とうまくコミュニケーションが取れない

ということで悩んでいるのだとしたら、

人とコミュニケーションが少ない環境に行けば

コミュニケーションという才能がなくても

十分やっていくことが出来ると思います。

 

つまり、自分の才能を自分がしっかりと見極める

ということが本当に大切ということです。

 

コミュニケーションが上手いのも才能だとすれば、

コミュニケーションが下手なのも才能なんです。

どちらかだけが才能だということはありません。

 

仮に、コミュニケーションが上手い人がコミュニケーションが

必要のない環境いたら馴染めなくなるはずです。

 

だから、自分に与えられた特性や特徴を

ちゃんと活かせればそれが才能になるわけです。

 

「 会社に馴染んでいる人=優秀

 会社に馴染めない人=落ちこぼれ 」

というようなフィルターで物事を捉えてしまうと

本当に正しい判断が出来なくなってしまいます。

 

不思議なことに自分の才能を正しく使えている時は、

人生が楽しくてしょうがない状態になってしまうものです。

他人が大変だと思ったとしても、本人は楽しくて

仕方がないというような変な状態に入ることができます。

 

甲子園球児を例にすると、

彼らは朝から晩まで毎日過酷な練習に明け暮れていますよね。

そんな、彼らのように自分は絶対できないと思ってしまいますが、

当の本人たちは野球が楽しく仕方なくて出来ることなら

もっとやっていたいというくらいに思っていたりします。

 

じゃあ、そんな甲子園球児がサッカーをやったとしたら、

野球のように楽しめないしそこまでうまくもならないです。

彼らは野球が得意だという才能を発揮出来ているから

野球をやっていることが楽しくてしょうがないのです。

 

こんな風に、自分の才能を発揮できるようになると

誰人生が楽しくて仕方がなくなってしまいます。

もし職場に馴染めないとしたら、その職場はあなたの

才能を活かすことが出来ない場所なのかもしれません。

 

とはいえ、会社を辞めるとなると経済的な問題があるので、

僕のメルマガでは会社でお金を得る方法以外にお金を得る

選択肢を持つ方法を身につけるための情報を配信しています。

詳しくは こちら からご覧ください。

 

lifeisfantasy



コメントを残す