素直になると成功できる理由とは?

どうもNOKAです。

本記事では素直になると成功できる理由について

素直になれない理由について

動画で詳しく解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき、

素直さと成功の関係をインプットして下さい。

 

 

素直さとは

 

素直さとは一体なんなのでしょうか?

 

素直さについて辞書を引いてみると、

「ありのままで着飾らないさま」 「ひねくれていないさま」

「くせがないさま」 といったことが書かれてあります。

 

素直さを言い換えると真っ白なキャンバスのように

どんな色にも染まることができる状態といえるでしょう。

 

すでにキャンバスに絵が書いてあったり、

色に染まっていた場合、どんなにうまい人が絵を書いても

そこから素晴らしい作品に仕上げていくことは難しいですよね。

 

真っ白なキャンバスだからこそ、

素晴らしい作品に仕上げていくことが出来るのです。

 

ですが、素直になれない理由とは一体何なのでしょうか?

 

それはまず、認められたいという気持ちです。

人間は誰しも承認欲求というものがあり、

他人から認められたいという願望を持っています。

 

どんなことでも、はいはいと聞いていると脳がないと思われてしまうため

あえて、逆の意見を言ったりするパターンがあります。

他人からよく見られたいという思いから素直になれない事があります。 

 

次に、過去の体験によるものがあります。

過去の体験の中に、自分が素直にしたことで

損をしたり嫌な思いをしたことがある場合

その体験によって 「正直者はバカを見る」 という思いを

持ってしまい素直になれなくなってしまうことがあります。

 

小さい子供は素直であることが多いですよね。

これは過去の体験が少ないからということが関係しているかもしれません。

もちろん、誰でも損や嫌な思いをしたないという気持ちはもっていますが

素直さをなくしてしまうと結果的に大きな損失を招きます。

 

次に、世の中に対する不満からということがあります。

自分の中に 「恵まれていない」 など社会に対する不満がある場合

社会に対して反抗的になってしまうことがあります。

 

「悪いのは自分ではなく社会のせいだ」 というふうにです。

この場合、どんどんひねくれてしまうので注意が必要です。

 

そして、謙虚さの欠如からということがあります。 

謙虚さがない場合は素直に人の意見に対して

耳を傾けられなくなってしまいます。

 

そのため相手に対して否定的な態度をとってしまいやすくなります。

 

謙虚さがなければ素直になることは難しいです。

傲慢になってしまうと自分が正しいと思い込んでしまい

他人を見下し、他人のいうことに耳を傾けることができなくなります。

 

ではどうして、成功するためには素直さが必要なのでしょうか?

 

それはまず成功者のノウハウをそのまま

再現することが出来るからということがいえます。

すでに成功している人の再現性の高いノウハウや教えは

そのまま実践すれば、同じような成功ができるでしょう。

 

しかし、自分の判断でノウハウに従わなければ

思ったような結果がでなくなってしまうでしょう。

 

また、素直であることによって

ストレスを感じなくて済むということがあります。

 

いちいち反抗したり、不満を感じていると

それだけで疲れてしまいますが素直でいることによって、

何かに対し否定的な感情を抱きにくくなるので

結果的にストレスを減らす事ができます。

 

また、素直であれば軌道修正がしやすいといえます。

仮に途中で間違いに気づいた時に、

素直にその間違いを認めることができれば

すぐに軌道修正をすることができますが、

間違いを認めたくないといった思いをもっていると

正しい方向に軌道修正ができなくなってしまいます。

 

つまり、素直だと正しい方向に進みやすくなります。

再現性の高いノウハウや教えは実践すれば

結果がついてくるものばかりなので

まずは忠実に実践していくことが成功への近道となります。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す