他人から好かれる人の真実!わがままな人が成功する理由とは?

どうもNOKAです。

本記事では他人から好かれる人の真実についてや

わがままな人が成功する理由について

動画で分かりやすく解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき、

わがままな人が成功する理由をインプットして下さい。

 

 

いい人を演じると・・・

 

僕は、子供の頃に親から「きちんとしなさい!」とか

「みんなが見てるからそんなことしていると笑われるよ」

といったことを教えられていました。

 

もちろん、非常識な人とは誰も付き合いたくありませんよね。

 

ですから、

人からの評価を気にせず生きている人はほとんどいないようです。

そして、僕の親が人からの評価を気にする人だったので

僕に対しても他人からの見られ方について教えてくれていたのです。

 

他人からの評価を気にして生きることを学んだ僕は

その教えの通り生きていた時代がありました。

ありましたが、その教えの通り生きていてもあまり楽しくありませんでした。

 

それは、他人から良い評価を得るために、

嫌なことでも自分の気持ちに嘘をついて

「良いよ」と返事をしていたからでした。

 

自分がしたくなかったとしても、他人から良い評価を得るために

良い人を演じる自分にストレスが溜まっていました。

 

他人から良い人であるという評価を得るためには犠牲を払う必要があります。

 

1度良い人を演じてしまうと次も良い人であり続けるために

良い人を演じ続けなければならなくなります。

 

たとえ、

自分の気持ちに反していたとしても他人からの評価を

守るために一生懸命良い人を演じ続けることになります。

 

ですが、そんな風に生きていけばいくほど

自分を押し殺していることに嫌気がさしました。

 

他人から良い人であるという評価を得ることが

正しいと信じ一生懸命良い人を演じていたのですが、

そのせいで人間関係に疲れてしまっている自分がいました。

僕は悪い人間ではありませんが、

かといって聖人君子のような立派な人間でもありません。

 

ですから、

他人から良い人であるという評価を得るためには

良い人を演じなければなりませんでした。

良い人演じることは相当な努力を必要とするため

当時の僕はどんどん苦しくなっていきました。

 

しかし、他人からの評価のために生きるのはおかしいと

思い始めた私はなぜ良い人を演じているのかということについて考えた末、

他人からの評価のために生きているわけではないという結論に達しました。

 

それから他人の評価を気にしないようにしていくと

少しずつ本当の自分で生きてくことができるようになりました。

 

初めのうちは他人からの評価が悪くなってしまうだろうと思っていたのですが、

僕の予想とは裏腹に他人からの評価は前よりも良くなっていきました。

 

周りのみんなが僕に対して本音で接してくれるようになったのです。

陰であの人は上辺だけなんてことも言われなくなりましたし

良い人という評価に対する執着心がなくなったことで気持ちがとても楽になりました。

以前の自分よりも穏やかで、ゆったりとして、軽やかな精神状態になっていきました。

 

良い人は自分も他人も疲れます。

 

他人からどう思われるかはコントロールすることができません。

もちろん自分なりに良い人を演じることはできます。

しかし、良い人を演じると何かを犠牲にしなければならなくなります。

そもそもこの世に完璧な人が誰もいないということは

誰でも知っているので別にできないことがあったとしても

それは当たり前のこととして受け入れてくれるようです。

 

僕のブログも万人受けするようなものではないと思います。

好き勝手自由に書いていますからね。

しかし、良い人を演じようとすると書きたいことを書けなくなってしまいます。

そうすると、とてもストレスが溜まってしまうんですよね。

 

良い人は自分も他人も疲れます。

 

そもそも、良い人である必要はあるのでしょうか?

他人があなたに良い人でなければダメだというふうに

強制してくることはありませんよね。

 

自分で勝手に良い人でなければならないと

思い込んでしまっているだけなのかもしれません。

 

他人からの評価を気にして嘘の自分を演じるために努力するよりも

本当の自分で生きていくための努力が良いですよね。

ぜひ、あなたも自分を偽らないようにしてみてください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す