『SimilarPosts』関連記事をウィジェットで表示させる方法

どうもNOKAです。

本記事では WordPress Plugin の

Similar Posts を使って関連記事を表示させる

手順方法について動画で解説していきます。

 

wordpress-plugin

 

『Similar Posts』の使い方についての動画講義

 

 

関連記事を表示させるプラグインでは、

WordPress Related Posts もおすすめです。

⇒ 『WordPress Related Posts』設定と使用方法はこちら

 

Similar Postsの導入と設定方法

 

Similar Posts は関連記事を自動的に

表示してくれる便利なプラグインです。

関連記事を表示させると内部リンクを

送ることができるのでSEO的にも有効に働きます。

 

インストールする手順方法は、

WordPress のダッシュボードからプラグインの新規追加を

クリックして、「 Similar Posts 」と入力し検索をかけます。

 

Similar Posts

 

『 Similar Posts 』をインストールする前に必ず、

『 Post-Plugin Library 』をインストールして有効化しておきましょう。

⇒ 『Post-Plugin Library』導入と設定方法はこちら

 

検索をかけると一番上のところに表示されるので

いますぐインストールをクリックします。

 

Similar Posts2

 

インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

 

Similar Posts3

 

有効化が完了すると、「設定」に「 Similar Posts 」が

追加されているのでこちらをクリックします。

 

Similar Posts4

 

すると、設定画面に移動することが出来ます。

 

Similar Posts5

 

「 Number of posts to show 」では、

関連記事をいくつ表示させるかを設定します。

デフォルトでは5となっているので、5記事表示されます。

サイトに合わせて数を調整して下さい。

 

「 Show static pages? 」では、表示するページを設定します。

プルダウンを開くと、以下の3つから選択することが出来ます。

「 No pages,just posts ・・・投稿ページのみ」

「 Both pages and posts ・・・投稿ページと固定ページ」

「 Pages but no posts ・・・固定ページのみ」

通常であれば、投稿ページのみを選択しておきましょう。

 

Similar Posts7

 

「 Omit the current post? 」は、現在閲覧しているページも

表示させる対象に含めるかどうかを選択します。

以下3項目も「 NO 」を選択しておきましょう。

他の触れていない部分はデフォルトのままで構いません。

設定が完了したら「 Save General Settings 」をクリックします。

 

Similar Posts を使って関連記事を表示させる場合は、

「外観」から「ウィジェット」をクリックします。

そして、利用できるウィジェットの中から Similar Posts を

表示させたい場所に追加して保存すると

関連記事が自動的に表示されるようになります。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す