信じることの力と意味。疑心暗鬼から抜け出す方法

どうもNOKAです。

本記事では疑心暗鬼から抜け出す方法や

信じる力や意味について

動画で解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき、

疑心暗鬼から抜け出す方法をインプットして下さい。

 

 

疑心暗鬼から抜け出す

 

自分に知識や経験がついてくると、

何を信じればいいかわからないという状態に陥ります。

 

「本当にこれで大丈夫なのだろうか?」

「これは実は間違っているのではないだろうか?」

といったように、疑心暗鬼になる事があります。

 

僕も、今までに何度となく疑心暗鬼の状態になった経験があります。

特に自分が信じていたものに裏切られた時というのは

何も信じられなくなったり疑心暗鬼になりやすいです。

 

こうなると、何もかもやる気が出なくなってしまい、

やるべき事も手につかなくなってしまいます。

ですが、これは僕だけでなく誰もが通る道です。

 

何を信じればいいのかわからなくなってしまった時は

とにかく自分と向き合い自問自答を繰り返す事です。

 

「一体何が正しいのか?」

「自分は何をすべきなのか?」

「何を信じて進むべきなのか?」

を繰り返し自問自答していると、

本当に信じるべきものが見えてくるものです。

 

ですから、何を信じればいいかわからない状況の時は、

周りに意識を向けるのではなく、

自分自身の心と対話し続けることに集中し

本当に信じるべきものを一刻も速く見つけることです。

 

そして、見えてきた本当に信じるべきものに

徹底的に従い行動をしていくと

疑心暗鬼から抜け出すことができます。

 

僕の本当に信じるべきものは

誰にも負けることがない知識や技術、実績を手に入れ

それを軸とし、苦しんでいる人を引き上げていきたい。

というものでした。

 

自分が100%信じ切れるものを追いかけている時は

直感的に何かをひらめくことがあります。

僕は、その直感を常に信じるようにしています。

 

それを継続している内に、自分の中にコアが出来てきます。

コアに従って自分の理想を達成するために邁進していると

コアがどんどん強化されていきます。

 

自分のコアができてくると、

目標に向かって一直線に進み続けることができるようになります。

 

何を信じればいいかわからない時というのは

飛行機が飛び立つ時に向かい風に向かっていくようなものです。

飛行機は、翼に向かい風を受けていたほうが離陸しやすいです。

 

何も信じられない時というのは向かい風を受けているわけです。

あなたが、長い滑走路を向かい風に向かって走り始め

飛び立つ時にその向かい風が強いほど大きな揚力となりあなたを飛躍させます。

 

そして、

離陸してひとたび気流に乗ってしまえさえすれば

少ない力で飛び続けることができるのです。

 

ですから、

向かい風と思えるようなことはすべて自分が上に上がるための

揚力であると捉えるようにしましょう。

向かい風を使って離陸すると、

自分が一皮向けた状態になっているはずです。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す