愛があるとビジネスが上手くいくという真実

どうもNOKAです。

本記事では愛があると

ビジネスが上手くいく理由や関係について

動画で分かりやすく解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき

愛とビジネスの関係をインプットして下さい。

 

 

愛とは?

 

愛は広い意味がありますが、

困っている人を助けたいとか

間違った方向に進んでいる人を正しい方向に導いていきたいとか

またその人を大切にし幸せを願うことなどの

慈しみの心が愛と近い意味を持っています。

 

私たちは基本的に自分自信や家族などの

身近な存在に対して愛を持っています。

 

しかし、

他人のこととなると、自分自身の家族と比べて

当たり前ですが違った対応になりますよね。

 

例えば、

オレオレ詐欺が一時期流行りましたが、

あの電話口で話している詐欺師が、

自分の子供と全く関係がなかったら

誰も詐欺に引っかかりませんよね。

 

自分の子供だから助けたいという親心が働くわけです。

しかし、自分と全く関係がない人だと分かったら

「は?なんで私が?詐欺なら通報します」で

あっさり終わってしまうことになりますが、

 

詐欺師はその人の子供であることを装うことで

ターゲットの愛を引き出そうとしているわけです。

つまり、愛を持っているか持っていないかで

私たちの反応は大きく変わることになるということが

分かったわけなのですが、これをビジネスに

どのように応用していけば良いのか解説して行きます。

 

私たちは、愛するとその対象を大切にする傾向があります。

例えば、スーパーで買ってきた肉や魚は食べますが

自分の飼っているペットを食べようとは思いませんよね。

 

これは、愛しているか愛していないかという違いによるものです。

自分の飼っているペットを愛している場合なにかとペットのために

美味しいエサを用意したり、遊び道具を用意したりとペットのことを大切にします。

 

つまり、

愛するとその対象を大切にするわけです。

 

しかし、スーパーで売られていた魚や肉も元はといえば同じ動物です。

ここに並ぶまでは仲間たちと楽しく暮らしていたのかもしれませんよね。

 

今この記事を呼んでいるあなたは今まで

ただの食べ物だと思っていたスーパーの肉や魚が

同じ命を持った仲間であるという認識に変わって

かわいそうだなと思ったかもしれません。

 

実は愛するかどうかは自分が範囲を決めているわけです。

従って、愛の範囲は自由に広げていくことも狭めていくことも出来ます。

ですが、その愛の範囲が広いほど自分も愛されることになります。

それは愛するとその対象を大切にするためです。

 

愛には愛すれば愛されるという法則があります。

愛してくれる人を自分も大切にしようと思いますし、

愛してくれない人であれば、自分がよっぽど

好きでもない限り大切にしようとまでは思いませんよね。

 

つまり、自分の愛の範囲を広げることによって

結果的に自分もたくさんの愛を受け取ることになります。

 

では、愛の法則をビジネスにどう応用するかについてですが、

クライアントさんのことを考え、クライアントさんが困っていることを

解決するためにはどうしたら良いかということを考えます。

 

つまり、クライアントさんが困っていることを解決することができれば、

クライアントさんは喜んでお金を支払ってくれるわけです。

しかし、クライアントさんが困っていないことに対してこれはどうですか

と売り込んでしまうとうっとうしがられてしまいますよね。

 

このようにお客様のことを大切に思うと

正しい形でお客様に価値を提供することができます。

その提供した価値の分だけ代金を支払っていただけるので

結果的に Win-Win の関係を構築していくことができます。

 

儲けることができればそれでいいんだ

といったような考え方だった場合、

お客様との間に良好な関係を構築することはできません。

 

もし仮に自分がユーザーだった場合どちらの人から

商品やサービスを購入したいと思うでしょうか?

 

愛とは大切にし幸せを願うことです。

ビジネスにおいてもこの考え方は普遍的なものです。

ぜひ、ビジネスをする際は愛を大切にしていきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す