自分のレベル=周りの人間のレベル

どうもNOKAです。

本記事では周りの人間のレベル=自分のレベル

ということについて

動画で解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき、

自分のレベルを引き上げる思考をインプットして下さい。

 

 

周りの人間のレベル=自分のレベル

 

自分の周りにいる人間のレベルは自分自身のレベルを

そのまま反映していると言われることがあります。

 

私たちは、

生まれてから「小学校」「中学校」「高校」と

ほとんどの方が進学し平等に教育を受けますが、

学力や成績の差が必ず出てきます。

 

成績の良い生徒は学力の高い学校に進学して

そこで同じくらいの成績の生徒が集まります。

成績が悪い生徒は学力の低い学校に進学して

そこで同じくらいの成績の生徒が集まります。

 

このように教育システムの中にいる場合には

学力・成績の近い人間と一緒にいることになっていきます。

 

これは社会に出てからも同じようなことが言えます。

社会に出ると自分の周りには自分と同じくらいの

年収の人間がいる場合が多いです。

 

会社という環境にいる場合、その会社の決めた給料で私たちは働く

ことになりますし、業種によって給料の相場はだいたい決まっています。

 

このように見てみると、

学校という「教育システム」では同じくらいの学力・成績の

人間が集まり、「社会」では、同じくらいの年収の人間が

集まっているケースが多いでしょう。

 

ですが、このレベルの差はどのようにして生まれるのでしょうか?

 

スポーツの強豪校に入るにはそれなりに実力を

持っていなければ入ることは出来ません。

 

そして、

入ってからもレギュラーになるかどうかは別にして

全員が朝から晩まで毎日練習をすることになります。

そうなると、必然的に周りの人間のレベルがどんどん

上がっていきますし、それと同時に自分のレベルも

引きつられてどんどん上がっていくことになります。

 

レベルが高い環境にいるとさらにレベルが上がっていきます。

従って、自分の周りにいる人間によって自分自身のレベルに

大きな違いが出てくるということが考えられます。

 

しかし、このようなレベルが高い環境に身を置くためには自らを

レベルアップしていきたいという強い気持ちがあるかどうかによって決まります。

 

レベルアップしたいという気持ちがあれば、

レベルアップするための行動を起こすことになります。

 

成績を上げたい場合は、塾に通ったり、家庭教師を雇ったり

教材を購入したり、徹夜までして勉強をします。

稼ぎたい場合も、ビジネスについて学んだり、

セミナーに参加したり、資格を取得したりします。

 

スポーツの強豪校に入るような選手は、

強豪校に入る前からその分野においての

実力をつけるために本気で努力をしていますよね。

今の自分の環境はあまり問題ではないのかもしれません。

 

自分がレベルアップしていきたいとう強い気持ちを持っていること

 

この気持ちがあるかないかでレベルアップ

できるかどうか決まっているといえます。

レベルアップしていった結果はじめて

レベルが高い環境に身を置くことができるようになるわけです。

 

レベル高い環境に身を置くことによって、

レベルが高い環境の影響を受ける事ができるので、

自分でも信じられないような成長をすることが出来ます。

 

逆にいうと、自分だけで努力をしていったとしても、

なかなか成長できないということになってしまいます。

 

スポーツもレベルの高い人と練習したり、

高い意識を持って取り組む事によって

スキルを上達させていくことが出来ますよね。

ですから周りにいる人のレベルの影響は大きいです。

 

常にレベルアップし続けるという意識を持つと自分の世界が変わっていきます。

自分の周りにいる人間のレベルが変わっていきます。

そうなったときは、自分のレベルが上がったんだと喜びましょう。

常にレベルアップするために努力を惜しまずにし続けていきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す