傷つきやすい性格の原因!傷つかない方法

どうもNOKAです。

本記事では傷つきやすい性格の原因や

傷つかなくなるための方法について

動画で丁寧に解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき、

傷つかなくなる思考をインプットして下さい。

 

 

傷つきやすい人の特徴

 

傷つきやすい人っていますよね。

些細な事を気にし過ぎてしまっていたり、

物事を深く考え過ぎていたり、

なんでも真に受けてしまったり

 

という私も、昔はとても傷つきやすい性格でした。

 

ちょっとした事にも、普通の人に比べて繊細で敏感に

反応してしまいましたし、他人から少し違う意見を言われ

たりしただけで心に傷がついてしまっていました。

 

しかし、傷つくメカニズムが分かってからは

克服することができるようになりました。

 

人は誰でも傷つきたくないと思うものですし、

傷ついてしまうと辛くなってしまいますよね。

 

どうすれば傷つかなくなることが出来るのでしょうか?

 

私たちは自分の思い入れの強いものに強い感情を抱きます。

例えば、外で子供たちが「バーカアーホ」と言っていたとします。

これを気にする人はほとんどいませんよね。

 

しかし、「あなたの名前、バーカアーホ」だったらどうでしょうか?

先ほどの時よりも気になるはずです。

 

私たちは、思い入れを持っているものに対して

思い入れを持っていないものと比べた時に

強いリアクションを取ることになります。

 

思い入れが強いほど、より過敏に反応することになります。

特に、自分や自分に関連することに対して強い思い入れを持っています。

 

同じことを言われても傷つく人と傷つかない人がいます。

ということは必ず傷つくというわけではないことになります。

 

言い換えると、

人によって傷つくポイントが違っているということがいえます。

この傷つくポイントを傷つかないポイントにずらす事が出来れば、

傷つかなくなるという仮説が立てられます。

 

そして傷つくポイントというのは、

思い入れの強さが密接に関係しています。

思い入れが強いものほど大きなリアクションを取ることになるからです。

 

例えば、

「◯◯さんって知ってる?」と聞かれた時に、

あなたが、◯◯さんを知っている時と知らなかった時の

リアクションは知っていた時の方が大きくなりますよね。

 

なぜならば、あなたは◯◯さんに対する思い入れが

少なからずあったからということになります。

しかし、あなたが◯◯さんを知らなかったとしたら、

◯◯さんに対する思い入れはそもそもありませんよね。

 

従って、過敏に反応してしまう理由としては

強い思い入れがあるということがあげられます。

ですから、傷つかなくなるためには

思い入れを軽くすれば克服できることになります。

 

例えば、

身長が低いという話題の話に過敏に反応してしまうならば

身長が低いということに強い思い入れがあることになります。

 

しかし、

身長が低いことに対して何の思い入れもない人は

そのような話題をいちいち気にすることはありませんよね

 

このように、

自分の思い入れの強いことに対して人は強く反応します。

そして反応が強すぎた時傷つくという現象が起こります。

 

また、

身長が低いという話題に強く反応してしまう人であれば

身長が高くなりたいというような願望を裏に持っていることも

考えられます。つまり、身長が低い事が自分にとって

強い影響を持っているわけです。

 

強い影響を持っていれば、それだけ自分が過敏に

反応することになり、結果的に傷ついてしまうことになります。

身長が低い事に反応してしまう人であれば

自分の身長が高くないという現実的ギャップを

強く再認識してしまうことが傷つく原因になります。

 

傷つかないためには、傷つくポイントにある思い入れを

傷つかないポイントにすることで解決する事ができます。

ぜひ、あなたも傷つかないポイントを増やしていきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す