お金を【稼げる人】と【稼げない人】の違いや特徴とは?

どうもNOKAです。

本記事ではお金を稼げる人稼げない人

違いや特徴について分析し

動画で詳しく解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき

稼げる人と稼げない人の違いをインプットしてください。

 

 

稼げる人と稼げない人の違い

 

人間には一日24時間という同じ時間が与えられています。

その中で人によって得ることができる金額は

かなり大きな差が出てくるようです。

稼げる人と稼げない人に分かれるとすると

その違いとは一体なんなのでしょうか?

 

稼げる人には稼げる理由があり、

稼げない人には稼げない理由があるはずです。

 

今回は稼げる人と稼げない人の考え方の違いについて

考えてみたいと思います。

 

まず、稼げない人の特徴についてですが、

稼げない人は以下のような行動傾向があります。

 

  • お金を得るために働く
  • 給料を得るために働く
  • 良い学校を出て大企業で働く
  • お金は「趣味」「買い物」「遊び」に使う

 

そして、思考傾向としては、

 

  • 楽してすぐに稼ぎたい
  • 誰かの力に頼りたい
  • 他人を蹴落としてでも自分が勝ちたい
  • スーパースターになってちやほやされたい

 

というような考え方を持っています。

 

次に、稼げる人の行動傾向には以下のような特徴があります。

 

  • お金を自分のために働かせる
  • 学ぶために働く
  • 稼いだお金を再投資する
  • 自分より有能な人材を雇ったり使ったりする

 

そして、思考傾向は、

 

  • 稼ぐための方法を常に考え行動する
  • 自ら様々なことを学ぶ
  • お金は他人に提供した価値の対価
  • 承認欲求が少ない

 

ざっくり違いを定義しましたが、この定義を使って

簡単にシュミレーションをしてみます。

 

まずは、稼げないAさんがいるとします。

 

Aさんは大学に進学し、卒業後は就職し働き始めました。

ところが不景気のため給料はほとんど変わらず、

会社の経営状況も芳しくありませんでした。

Aさんは稼いだお金を趣味や買い物遊びに使っていて

給料日前にはいつもギリギリの状態になっている生活を繰り返していました。

 

次に稼げるBさんがいるとします。

 

Bさんは高校を卒業後すぐに就職し働き始めます

Bさんは働くことから様々なことを学び、

仕事が終わった後も本を読んだり、ビジネスの勉強をしていました。

学んだことを生かし自分でビジネスを始めたBさんは

順調にビジネスを軌道に乗せ、独立しました。

 

独立してからも、これまで同様にたくさんのことを学び続け、

稼いだお金は、ビジネスに再投資したり資産に変えていった結果

自分では働かなくても良いほどの不労所得を得るようになりました。

 

簡単なシュミレーションではありますが、多少リアリティがありますよね。

私たちは自分の持っている知識や経験、考えをもとに行動します。

従って、より多くの知識や経験を積む事によって判断材料が多くなり

正しい行動を取っていくことができるようになるといえます。

 

私たちは、

自分の行動が積み重なる事によって人生が形成されていきます。

ですから、どのような行動を取っているかによって未来はすでに

決まっていると考えることも出来ます。

 

言い換えると、稼げる考え方であれば自然と稼げるようになり、

稼げない考え方であれば自然と稼げなくなるということです。

 

私たちは1日24時間という時間が平等に与えられていますが、

その人の考え方によって時間の使い方は違いますよね。

時間をどのように使うかは自分自身の考え方によって決まります。

稼げる考え方に変えれば自然と稼げるようになりますし、

稼げない考え方だといつまでも稼げないということになります。

 

ぜひ、稼げる考え方をインプットして

勝手に稼げる人になっていきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す