行き詰まっている人が人生を変える4つの方法!

どうもNOKAです。

本記事は行き詰まっている人が

人生を変える4つの方法について

動画で解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧頂き

人生を変える方法をインプットして下さい。

 

 

人生を変える方法

 

今の現状に不安を感じることもありますよね。

そんな時に、人生を変える4つの方法があります。

 

1つ目は、時間の使い方を変えるということです。

時間の使い方を変える事によって人生を変える事ができます。

 

例えば、仕事をしている以外の時間の使い方を

変える事によって、その後の人生を大きく

かることができたりします。

 

例えば、

仕事が終わってからの時間をネットビジネス勉強に使っていたAさんと、

テレビを見てゆっくりしていたBさんではその後の人生に違いが出てきます。

 

Aさんはネットビジネスについて勉強していたため

会社の給料以外の収入を得ていくことになり

時間とともにその額は大きくなっていくでしょう。

 

Bさんは、会社の給料以外の収入を望んで

いるもののそのあては何もない状態でした。

 

というように、Aさんは仕事以外に収入を得る方法について

学ぶ事に時間を使ったことによって、

新たな収入源をつくる事が出来ましたが、

新たな収入源を望んでいただけのBさんは

行動をしなかったため状況は変わりません。

 

このように、 

私たちは時間の使い方によって人生に違いが出てくるといえます。

人生を変えたい場合は今の自分の時間の使い方を見直してみる必要があります。

どのように変えていきたいのかという方向性を決めて

それを手に入れるために時間を使って行くようにしましょう。

 

収入を増やしたい場合は副業について勉強したりしますし、

健康を維持したい場合には運動をしたりしますよね。

始めたからといって今すぐに変わることはありませんが、

何もしなければ人生が変わることはありません。

時間の使い方を変えると人生を変える事になります。

 

次に、環境を変えるという方法があります。 

昔、日本でも戦争をしている時代がありましたが、

その時代に生きている人たちは「お国のために」

という言葉を当たり前に言っていました。

 

今の時代では考えられないことですが、

当時はこれが普通だったのです。

 

つまり、

人間は環境次第でどうにでもなるといえます。

自分の意思に関係なく環境の影響により

価値観が形成されていく側面があるのです。

 

  • 政治家の子供が政治家になる
  • 芸能人の子供が芸能人になる
  • スポーツ選手の子供がスポーツ選手になる

 

といったことも多いですよね。

これも環境の影響力によるものと考えられます。

 

環境をを変えることによって人生は変わっていくでしょう。

毎日の日常が全て変わることになりますからね。

通る道も、出会う人も、買い物に行くお店も仕事も変わっていきます。

環境を変えると人生が変わることになります。

 

ただし、この場合はリスクもあります。

新たな環境が現状よりも悪いということも考えられるので

僕は、環境だけ変える事はおすすめしません。

 

そして、自分の内面を変えるということです。

私たちは目には見えませんが、心を持っていますよね。

心の持ちようなどの自分自身の内面を変えることで

人生を変えることが出来ます。

 

自分の内面が変わると、これまでの自分とは

大きく変わっていくことになります。

例えば、「生活習慣」「食べるもの」「着るもの」

「付き合う人」「性格」「住む場所」など自分に

関係する全てが変わることになります。

 

つまり、自分の内面が現実世界に反映されているのです。

従って、自分の内面を変えると人生が変わることになります。

 

最後に、何かのきっかけで人生が変わるということがあります。

 

例えば、転勤です。

転勤は自分が意図したものではありませんが

転勤後は環境が大きく変わることになるので

結果的に人生が変わることになります。

 

しかし、これも環境を変える方法と同じくどちらに

変わるかはコントロールできません。

 

これらを踏まえて考えると、

ノーリスクで人生を変える事ができる方法は、

自分の内面を変えるということになります。

 

しかし、

自分の内面を変えるということは最も手がつけやすい反面

形がないものであるため、最も変えるのが難しいともいえます。

 ですが、自分の内面を良い方向に変えていくことで

ノーリスクで人生を好転させることが出来ます。

 

ぜひ、人生に行き詰まった時に本記事を参考にしてみて下さい。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す