陰徳を積む3つのポイント!正しい積み方や陽報とは?

どうもNOKAです。

本記事では陰徳を積む3つのポイントについて

や正しい積み方、陽報についても

動画で丁寧に解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧頂き

陰徳を積むポイントをインプットして下さい。

 

 

陰徳とは?

 

普通人が見ているところでゴミをポイ捨てしたりする人はいませんが、

誰も見ていないときにはポイ捨てしてしまう人が現実にはいますよね。

人が見ているから良いことをするというのではなく、

誰も知らなくても善い行いをするということが陰徳を積むということになります。

 

そのため陰徳を積むためには、自分の良心に従って

正しいことを正しいがままに行う必要があります。

 

しかし、

善い行いをしていたとしても、陰徳を積むことができないことがあります。

陰徳を積む時のポイントとは一体どういうものなのでしょうか?

 

正しく陰徳を積むためには、

目に見えない法則は真実に対して作動するということを

前提として頭の中に入れておく必要があります。

 

例えば、

陰徳を積むと自分は幸せになれるしたくさんのメリットがあるから

というように自分のメリットを考えて陰徳を積むことはできません。

 

これは目に見えない法則」が真実に対して作動するからです。

表面上善い行いをしたとしてもそれが自分のメリットのための場合

本当に善い行いということはいえません。

 

善い行いをするのと同じくらい、

動機の部分もポイントになります。

自分のメリットのために行う陰徳と、

自分よし他人よし社会よしで見返りを求めない陰徳では

どちらも同じ善行ではありますが出てくる結果が違ってきます。

 

自分は常に自分の事を見ています。

 

誰も見ていないからといって善くないことをしていると

自分自身のセルフイメージや精神状態が悪くなり、

ネガティブな価値観になりやすくなります。

 

それは、自分だけは常に自分を見ているからです。

他人が見ているからという基準は個人的ですが、

 善いか悪いかという基準は社会的です。

 

社会的価値観で行動していくとセルフイメージが良くなりやすいです。

 

また、報われなくても善い事をするということです。

 

誰も見ていなくても、誰も知らなくても

たとえ報われることがなくても

善行を行うことが陰徳を積むことになります。

 

何かの見返りを期待して行うのではなく

ただただ善いことをすることが大切です。

ですが、陰徳あれば必ず陽報ありのとおり

陰徳を積むと必ず良いことが返ってくるものです。

  

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す