深く考えすぎる性格を直す方法!気楽に生きよう

どうもNOKAです。

本記事では深く考えすぎる性格を直す

方法についてや気楽に生きる方法について

動画で丁寧に解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧頂き

深く考えすぎる性格を直す方法をインプットして下さい。

 

 

深く考え過ぎてしまう理由

 

僕は昔とても深く考え過ぎてしまう性格でした。

深く考えたからといって物事は解決しないのですが、

無意識のうちにいろいろと考えてしまうのです。

 

深く考えすぎてしまう理由について

考えてみると2つほど原因が考えられます。

 

まずは、物事が良くない方向に向かう恐怖心でした。 

 

例えば、

あなたが朝、電車に乗り遅れてしまって会社に遅刻してしまう

可能性が出てきた時に、どのような事を考えるでしょうか?

 

「このままだと遅刻する可能性が高いからタクシーで行こうか?」

「ぎりぎり間に合うかもしれないし、次の電車に乗るべきか?」

「もし、遅刻してしまったら上司に遅刻理由をなんと言えば

被害が最小で済ませられるか」

 

といった事を考えてしまうかもしれませんよね。

 

つまり、物事が良くない方向に向かってしまう事を恐れていることによって

物事が良くない方向に向かった時の言い訳を考えることになります。

 

次に、同じ失敗を繰り返す恐怖心です。

 

人間は学習能力が備わっているので、過去に失敗した事を記憶し

同じ失敗を繰り返さないで済むようになっています。

と言っても、完璧に全ての失敗を繰り返さないで済むわけではありませんよね。

 

それは、次回も全く同じ状況とは限らないからです。

ですから、人間は思考を使って過去の記憶を基に予測を立て

様々な対策を考えていくことをします。

 

例えば、

「こうなった原因はこの設定が悪かったから、

今回の失敗を引き起こしたんだ。次にする時には

この点は改善しなければならないし、場合によっては

さらに設定を変える必要があるかもしれない。」

 

というように、経験をベースとして同じ失敗を繰り返さない

ように、思考を使って仮説を立てていくことになります。

 

つまり、

同じ失敗を繰り返すことへの恐怖心があるため

このように深く考えるということが考えられます。

 

このように深く考えすぎてしまうのを直すには

どうすれば良いのでしょうか?

深く考え過ぎる性格を直すためには恐怖心を

なくす事によって解決できます。

 

物事が悪い方向に向かう恐怖心と

同じ失敗を繰り返す恐怖心をなくすことができれば、

深く考え過ぎて悩んでしまうことはなくなります。

 

従って、

物事が悪い方向に向かってもいいや

同じ失敗を繰り返してもいいや

と思えると恐怖心はなくなります。

 

会社に遅刻して怒られてしまってもいいやと思えると

遅刻したらどうしようと思っている時と比べて恐怖心は少ないですよね。

 

深く考え過ぎてしまう原因は恐怖心ですから

恐怖心をなくすもしくは減らすことによって

深く考え過ぎて悩んでしまうこともなくなります。

 

もし仮に、会社に遅刻してしまったら

遅刻したという事実を変える事は出来ませんよね。

ですが、その事実に対する認識を変える事は出来ます。

恐怖心を抱いている場合と、抱いていない場合では

自分の中での深刻度が違ってきますよね。

 

物事は考えたからといって解決はしません。 

 

考えるということはあくまでも推測に過ぎませんが

結果は1つだけしか出てきません。

それに対して、あまりにも多くの推測を立てていくことは

相当な労力を使うことになりますので、深く考え過ぎると

疲れてしまうことになります。

 

ですから、今後どうなるかという予測を立てるよりは

起こった出来事に対してどのような認識をするか

ということに重点をおく必要があると思います。

 

僕は、

ロジカルに推測できるものが考えるということだと思います。

考えの中に根拠の無い妄想が入ってしまった場合それは

考えるというよりは想像しているということにして分けています。

 

従って、論理的に根拠が明確であり再現性が

保証されたものであれば深く考えても問題はありませんが、

根拠がなく結果がどうなるか分からないようなことに対して

深く考えるというのは想像(妄想)に過ぎないので、

あまり深く考え過ぎないようにしています。

 

例えば、

車を運転していて、ガソリンが足りなくなりそうになった時

ガソリンスタンドに行こうと考えますよね。

これは根拠が明確なので考えるということです。

 

しかし、

もし、ガソリンスタンドに行く時に事故を起こしたらどうしよう

というように根拠の無い考えは想像ですよね。

実際起きるかもしれませんが、そうなるかどうかは

結果が保障されたものではありません。

 

というように、考えるということはあくまでも根拠があり

それに基づいて考えた結果になります。

それ以外の、結果がどうなるか分からないようなものは

考えるのではなく想像しているということになります。

 

想像することを深く考えることと混同してしまうと

いくら考えても結果が導き出されないので

深く考え過ぎて悩んでしまうことになってしまいます。

 

ですから、

深く考え過ぎる性格を克服するためには恐怖心をなくすこと、

そして想像をし過ぎないことが重要になります。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す