働く意味や目的とは?仕事をしたくない理由について

どうもNOKAです。

本記事では働く意味や目的についてと

仕事をしたくない理由についてを

動画で詳しく解説していきます。

 

早速動画をご覧いただき、

働く意味や目的をインプットしてください。

 

 

働くとは?

 

働くとは一体なんなのでしょうか?

それについて辞書を引いてみると、

 

  • 何かを作り出すこと
  • 何かを成し遂げるための行動
  • 生計を立てるために従事すること
  • 一定の職に就くこと

 

とありました。

 

つまり、何かしらの生産活動を行い、

何かを成し遂げるための行動をし

生計を立てるため一定の職に就く

ということが働くということのようです。

 

ではどうして私たちは働くのでしょうか?

私たちが働く目的には、まず奉仕、貢献があります。

私たちは働くと対価としてお金を得ることができますが、

それは働くということが何かに奉仕、貢献した対価

であるからという面があります。

 

例えば、コンビニは24時間営業していますが

そこには必ず働いている人がいますよね。

それによって私たちはいつでも商品やサービスを

購入するとこができますが、

コンビニの店舗や商品がなかったり。

働いている人がいなければこれは実現していません。

 

コンビニは24時間商品やサービスを提供する

という価値で私たちに貢献しているといえます。 

ですから、働くということは奉仕、貢献するという見方もできます。

 

仮に、奉仕や貢献なんてしてられないや楽して稼げればいいんだ

というふうに考えていたとすると、

働くという行為はその奉仕、貢献をするということなので

早く帰りたい、辞めたい

というふうにストレスを感じることになります。

 

ですが、奉仕や貢献はすばらしいことである

というふうに考えることができると、

働く意味と一致した考えのため

働くことが楽しくなるかもしれません。

 

次に、お金や給料を得るためという事がいえます。

 

私たちは生活をしていくためにはお金が必要です。 

働くことによってお金を得ていかなければなりませんよね。

このお金に対する考え方は人によって違っています。

 

例えば、

お金はたくさんあるほどすばらしいという人もいれば

生活出来るだけでいいという人もいます。

お金や給料の悩みがある人は、

実際に欲しい給料と現実の給料のギャップが原因と

なっているために起こる問題なので

そのギャップを解消できれば悩みを解消できます。

 

次に価値観があります。

 

人それぞれ違った価値観を持っていますが、

働くということに対しても人によって違います。

 

例えば、

働くとは、生きていくために必要で、義務であるという

価値観を持っている人もいるでしょうし、

自分を成長させるためにするもので、労働を通して

社会や人間関係について学ぶものであると考えていたり、

働くとは、自分の好きなことをして、それによって

お金をもらうことができるものであるといったように、

人によって働くということにどのような価値観を持っているかは違っています。

 

この価値観によっても働く意味は変わってきます。

 

自分自身の働く意味や目的をはっきりとさせる

ことはとても重要であると言えます。

 

私たちは基本的に働く時間は人生において

大きなウエイトを占めているので、

働くということが楽しいか苦痛かということは

人生にもとても大きな影響を及ぼします。

 

働くことによって充実感や楽しさを感じることができると理想的ですよね。

 

一方で、働くことに不満や不安といったものがある場合には

解決するために何らかの行動をする必要があるでしょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す