GoogleXMLSitemapsの導入方法!インデックス速度改善プラグイン

どうもNOKAです。

本記事では WordPress Plugin の

Google XML Sitemaps を導入する

手順方法について動画で解説して行きます。

 

GoogleXMLSitemaps

 

『Google XML Sitemaps』導入方法の動画講義

 

 

Google XML Sitemapsの導入方法

 

WordPress のダッシュボードからプラグインの新規追加をクリックして

検索のところに、「 Google XML Sitemaps 」と入力し検索をかけます。

 

Google XML Sitemaps

 

すると、一番上のところに表示されるので、

いますぐインストールをクリックします。

 

Google XML Sitemaps2

 

インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

 

Google XML Sitemaps3

 

プラグインの有効化が完了すると、「設定」のところに

「 XML-Sitemap 」と表示されるのでクリックします。

 

Google XML Sitemaps4

 

すると、設定画面に移動します。

 

Google XML Sitemaps5

 

基本的な設定は上5つにチェックマークを入れて下さい。

 

Google XML Sitemaps6

 

投稿の優先順位は、「優先順位を自動的に計算しない」に

チェックマークを入れて下さい。

 

Google XML Sitemaps7

 

Sitemapコンテンツでは、

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

この4つにチェックマークを入れて下さい。

 

Google XML Sitemaps8

 

更新頻度の設定は

  • 毎日・・・ホームページ
  • 毎週・・・投稿(個別記事)
  • 更新なし・・・固定ページ
  • 毎週・・・カテゴリー別
  • 更新なし・・・今月のアーカイブ
  • 毎年・・・古いアーカイブ
  • 更新なし・・・タグページ
  • 更新なし・・・投稿者ページ

というように設定をしておきましょう。

 

Google XML Sitemaps9

 

優先順位の設定では、

  • 0.8 ・・・ ホームページ
  • 0.8 ・・・ 投稿
  • 0.8 ・・・ 投稿優先度の最小値
  • 0.0 ・・・ 固定ページ
  • 0.8 ・・・ カテゴリー別
  • 0.0 ・・・ アーカイブ別
  • 0.0 ・・・ タグページ
  • 0.0 ・・・ 投稿者ページ

というように設定しておきましょう。

各項目の設定が完了したら、「設定を更新」をクリックして

プラグインの導入は完了となります。

 

こちらのSEO対策も合わせてやっておきましょう!

【WordPress Ping Optimizer】Ping送信抑制プラグインの設定方法

WordPressで設定しておくべきSEOに効果的なPing送信先一覧!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す