GoogleSearchConsole(サーチコンソール)を簡単に導入する方法

どうもNOKAです。

本記事では GoogleSearchConsole

(グーグルサーチコンソール)を導入する

手順方法について動画で解説していきます。

 

google_search_console

 

SearchConsole は、旧グーグルウェブマスターツールです。

名称が変わっただけで機能面で変化はありません。

これは一般のサイト運営者が多く使うようになったための変更となります。

SearchConsole は導入しておくと便利な機能が様々ありますので、

動画を参考にぜひ導入してみてください。

 

SearchConsole 導入方法の動画講義

 

 

 

GoogleSearchConsoleの導入方法

 

SearchConsole を導入する前に、

GoogleAnalytics を必ず先に導入しておきましょう。

⇒ GoogleAnalyticsの導入方法を動画解説

 

GoogleAnalytics の導入が完了したら、

以下のリンクから SearchConsole のトップページにアクセスします。

⇒ www.google.com/webmasters/tools/login?hl=ja

 

SearchConsole

 

URL を入力して、「プロパティを追加」をクリックします。

 

SearchConsole2

 

すると、URL の所有権が確認されましたという画面が表示されますので

続行をクリックすると SearchConsole にアクセスすることができます。

 

SearchConsole を導入したら WordPress Plugin

Google XML Sitemaps も合わせて必ず導入するようにしましょう。

⇒ GoogleXMLSitemapsの導入方法!

 

※追記

SearchConsole には1つのサイトのみ登録するようにして下さい。

同じアカウントで登録していたサイトが全て手動ペナルティの

対象になるという事例が報告されています。

サイトを複数登録する場合はアカウントを分けて登録しましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す