青色申告65万『現金出納帳』の書き方と記入例

どうも、NOKAです。

本記事では青色申告に必要となる

『現金出納帳』の書き方や記入例などに

ついて解説をしていきます。

 

現金出納帳は、事業のために使用した現金を

記帳するためのものです。

業務に必要な物品を現金で購入した場合や、

移動にかかった交通費などを現金で払った場合に使用します。

現金出納帳はどのように記帳していけば良いのか

具体的に実例を見ながら説明していきたいと思います。

※使用する会計ソフトは『やよいの青色申告 』です。

 

現金出納帳を記帳する前に

 

現金出納帳を記帳するにあたって

必要となるのが、領収書やレシートです。

領収書やレシートは青色申告を行う事業者には

7年間の保管義務が発生します。

 

なので、事業のために現金を使用する際には

必ず領収書やレシートを受け取るようにし、

さらに7年間は保管をしておかなければなりません。

 

また、領収書やレシートは後から分かりやすいように

月ごとなどに分けて保管しておくと良いと思います。

 

現金出納帳の記入例

 

genkinsuitoutyou1

『取引』 から 『現金出納帳』 をクリックします。

 

genkinsuitoutyou2

すると、『現金出納帳』 の画面が開きます。

何も入力されていない状態なので

取引は何も表示されていません。

 

■現金購入の経費の記入例

 

事業に必要な物品などを購入した場合は

経費として計上することができます。

その場合どのように入力をしていくのかというと

次の画像をご覧ください。

genkinsuitoutyou3

 

『現金出納帳』 に入力が必要な箇所は4つです。

  1. 日付 : レシートまたは領収書に記載されている日付
  2. 相手勘定科目 : 該当する勘定科目を設定
  3. 適用 : 店名と購入品を記載
  4. 支出金額: レシートまたは領収書に記載されている金額

というように、レシートや領収書をそのまま入力するだけ

なのでさほど難しくはありませんが、

勘定科目がどれに該当するのかというのは

迷いやすいところなので別の記事でよく使う

勘定科目をまとめています。

>>ネットビジネスによく使う勘定科目一覧

 

残高がマイナスになってしまった場合は?

 

現金出納帳を記入していくと、残高が減っていきます。

そして先ほどの画像をみてもらうと分かる通り、

初期金額が設定されていないためマイナスになっています。

 

現金出納帳は事業用の財布にあるお金から支払った

という取引を記載していくものになりますが、

個人事業主の場合は個人のお金から事業のものを

購入したという場合も多くあります。

 

その場合、事業用の財布(現金出納帳)がマイナスに

なるというのは矛盾していますよね。

この矛盾を訂正するためにあることをします。

 

それは、『事業主借』という勘定科目を使って、

個人のお金から立て替えましたという処理をします。

 

genkinsuitoutyou3

こちらの画像を見ると、ツタヤでボールペンと書籍を

購入して、残高がマイナス2,340円となっています。

事業用の財布がマイナスになっているので、

次のような処理をします。

 

genkinsuitoutyou4

『事業用の財布』 に 『個人の財布』 から

5,000円入金したという処理をしました。

この処理をしたことで残高がプラスとなっているので

矛盾はしていないということになりました。

 

ただ、帳簿上の矛盾がなくなったというだけで、

個人の財布から事業用のお金を立て替えたということに

変わりはないので、事業用の財布を分けられるならば

分けておいた方が良いと思います。

 

>>青色確定申告のやり方と流れ

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す