『Dropbox』データをオンライン上で自由に共有できる便利なソフト

どうもNOKAです。

本記事では画像、動画、音声、PDF などのデータを

オンライン上で自由に共有することができる Dropbox の

導入方法と使い方について動画で解説していきます。

 

dropbox

 

『Dropbox』導入方法と使い方の動画講義

 

 

dropbox『Dropbox』のダウンロードはこちらから

⇒ ドロップボックスのダウンロードはこちら【500MBボーナス特典付】

 

Dropboxの導入方法

 

Dropbox はオンラインストレージサービスのひとつですが、

オンラインストレージとはデータをネット上に保存できるサービスのことです。

通常だとハードディスクなどの記憶装置にデータを保存しますが、

オンラインストレージではクラウド上にデータを保存していきます。

 

なので、Dropbox も基本的にはオンラインで使用するのですが、

オフラインであっても問題なく使うことができます。

ただ、オフラインの場合はオンライン上のデータには反映されず、

オンラインに接続されると自動的に同期が始まります。

 

Dropbox を導入すると、

USBメモリなどを使ってデータのやり取りをする必要もなくなりますし、

iPhoneなどのスマートフォンでデータを共有してスマホを

ビジネスツールとして使っていくことも可能になる

非常に便利なツールとなりますのでぜひ使ってみてください。

 

またデータをなくしたりする心配がないので

大事なデータのバックアップとして使うのもオススメです。

 

Dropboxを導入する手順方法は以下のとおりです。

 

「①ダウンロードページに移動」→「②必要事項を入力し登録」

→「③アプリをダウンロードしてログイン」

 

インストールが完了すると、Dropbox のフォルダが

表示されるので、後はそこに画像、動画、音声、PDF

などを入れると同じアカウントでログインされてる

全ての Dropbox から見ることが出来ます。

 

また、Microsoft 社が提供しているオンラインストレージサービス

OneDrive も非常に便利なのでぜひお試し下さい。

 

ちなみに、ドロップボックスは無料で2GBまで使えますが

無料で約23GBの容量を手に入れる方法があります。

その方法をまとめた無料レポートがあるので、

さらに容量を無料で追加したい方は

以下のレポートをダウンロードして容量を増やしてみてください。

Dropbox の容量を無料で23GB増やす方法

 

 

OneDrive3

OneDrive の詳細はこちらから

⇒ http://lifeisfantasy.com/onedrive-2709

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す