毒親の対処法!対決するより絶縁して一人暮らしすればストレスフリーかも

どうも、NOKAです。

「毒親」 という言葉が広まってから、

なんだかんだ自分の親もそうではないかなんて

思ってしまう人も少なくないみたいです。

 

dokuoya

 

そもそも、親のことが嫌いという人も結構いるみたいですが、

自分を育ててくれた感謝の気持ちもあるためジレンマを抱え

ストレスに悩んでいる人もいるみたいです。

 

本記事では毒親への対処法についてお伝えしていきます。

 

毒親への対処法

 

親は自分にとって、良くも悪くも誰よりも

身近な存在で切っても切れない関係です。

なので、たとえ親の事が嫌いだったとしても

思っている事を打ち明けられなかったり、

親に感謝しなければならないと

義務感にかられている人も少なくありません。

 

しかし、親といえども自分と違う考えを持った

ひとりの人間なのでどうしても理解しあえない事もあります。

理解しあえないと親子げんかになったりしますが、

大抵は親の方が立場上有利であることが多いので、

結果的に、親の言い分が通る事が多いです。

 

ただ、親子げんかといえどもエスカレートすれば

最悪は大事になってしまう危険もなくはありません。

もし、親との仲が悪かったり、理解しあえないと

感じているのであれば僕は会わない事をおすすめします。

 

基本的に、他人で仲が悪い人とは会わないようにすると思いますが、

それは、お互いのためにとても善いことだと思います。

なぜなら、会ってしまうとろくな事が起こりませんし、

最悪は罪を背負うような事が起きてしまうかもしれません。

 

なので、合わない人同士が近くにいるということは

お互いとって非常にマイナスであるということです。

これは、自分の親だったとしても同じことがいえます。

 

もし、親が嫌いとか、分かり合えないと感じているのであれば、

会わないのが正しい選択だと思います。

 

自分が変われば親も変わる

 

自分にとって悪影響がある毒親だったとしても

できることならばいずれ分かり合えるような

良好な関係を構築していきたいという風に

思っている方も少なくないと思います。

 

しかし、他人である親を変えることは出来ません。

では、どうすればよいのかというと、自分を変えましょう。

 

僕たちは、お互いに影響し合っています。

以前、人間関係のバランスについて書きましたが、

自分の周りには自分と違ったタイプの人が

できることでバランスをとるという法則があって

特に、家族であれば顕著にあらわれます。

 

家族の中に同じような性格の人はほとんどいなくて、

みんな違った性格をしていることがほとんどですが、

それは、この人間関係のバランスの法則が働いているからです。

 

つまり、自分が変われば、周りの人間も

変わらざる負えなくなるということです。

あなたが善い方向に変わって行けば、

周りも自然と善い方向に変わっていきます。

 

なので、原因と結果の法則に沿って

生きるのも大切なことだと思います。

 

親を嫌うのはやめよう

 

さてさて、親の事が嫌いという人もいるかもしれませんが、

親のことが好きだった方が100倍得をします。

だからといって無理に好きになる必要はありません。

 

もし、親が嫌いだったら会わなければいいだけです。

そうすればいちいち悩まされる事もありません。

どうしても顔を合わせるとしても極力会わない努力をしましょう。

 

そして、嫌いな親のことで悩む時間をもっと

ポジティブな事を考える時間に使いましょう。

 

『引き寄せの法則』 を知っていますか?

ネガティブな事を考えていると不幸が起こり、

ポジティブな事を考えていると幸せが起こるという法則ですが、

親の事で悩んでいるというのはネガティブな考えですよね。

 

すると、あなたが親を嫌うのは自由なのですが、

結果的にあなた自身に不幸が起こってしまいます。

つまり、負のスパイラルにハマり込んでしまいます。

 

なので、この負のスパイラルを断ち切るためにも

親の事で悩む時間はなくしてしまいましょう。

 

人間は未熟な生き物

 

子供の頃に見た親というのは、落ち着いていて

いろんな事を知っていてスゴイと思ってしまいますが、

社会人くらいになってくると親も大したことないなと

思うようになる人も少なくないでしょう。

子供の頃は親が未熟であることに気づけないので、

親がスゴイ存在だと錯覚してしまうのです。

 

つまり、子供も未熟な存在ですが、

親も未熟な状態で子育てをしているのです。

だから、ぶつかってしまうのは仕方ないです。

そう考えると少し許せるようになると思いますし、

未熟な状態でもちゃんと育ててくれた事に

素直に感謝できるのではないでしょうか?

 

そもそも、完璧な人間はこの世には存在しないので、

未熟な点を見つけて批判し合うよりも、

善い点を見つけてほめていった方がいいですよね。

 

ただ、それでもなかなか親のことが好きになれない

という場合は経済的に自立しないと離れられない

可能性が高いので経済的自立は絶対に必要です。

一人暮らしをして親と離れれば煩わしさはかなりなくなりますよ。

 

僕のメルマガでは個人で経済的自立をしたい人向けの

情報を配信しているので興味がある場合は こちら からご覧ください。

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す