個人事業主の青色確定申告(65万円控除)のやり方【ネットビジネス編】

どうも、NOKAです。

ネットビジネスで収入を得る場合申告が必要になりますが、

今回は特別控除65万円を受けることができる

青色確定申告のやり方について解説していきます。

 

6final-return-type-

 

青色確定申告65万円控除とは?

 

サラリーマンとして働いていると場合は、

会社が年末調整を行ってくれるので

自分で税金を計算したり納税する必要はありません。

 

ですが、個人事業主として収入を得る場合

自分で自分の税金額を申告するための手続きが必要になります。

その手続を『確定申告』といって、3種類あります。

 

・白色確定申告

・青色確定申告(10万円控除)

・青色確定申告(65万円控除)

 

というように、一口に確定申告といっても

白色や青色というように分かれていて、

青色はさらに10万円控除と65万円控除に分かれています。

 

c96af7ffb7c168e79280d29e1c5bd5c1

 

簡単にそれぞれの違いを説明すると、

控除額が大きいほど帳簿の記入が複雑になります。

複雑になりますが、その分受けられる控除額が大きくなります。

 

65万円の特別控除が受けられる青色申告は

会計ソフトを使えば必要事項が自動的に記入されていくので

専門的な会計知識がなくてもそれほど難しくありません。

ちなみに、僕が使っている会計ソフトは『やよいの青色申告 』です。

 

なので、副業であっても本業であっても控除額が大きい

65万円控除の青色確定申告をおすすめします。

 

青色確定申告は事前に申請が必要です

 

65万円控除が受けられる青色確定申告は、

事前に税務署に申請をしている必要があります。

具体的には、『開業届』と『青色申告承認申請書』という

2つの書類を提出する必要があります。

 

税務署に直接行くと色々教えてくれるので

事前に知識がなくても簡単に終わります。

 

また、青色申告の届け出ができるのは開業日から2ヶ月以内です。

それより遅れるとその年は白色申告しかできません。

また、白色申告から青色申告に変更をしたい場合は、

申告する年の3月15日までに書類の提出が必要となります。

 

やよいの青色申告の初期設定の手順

 

会計ソフトの『やよいの青色申告』を導入したら、

まず、初期設定を行っていきましょう。

 

  • 事業所名(屋号)の入力
  • 申告書の選択(青色・白色)
  • 年度情報の設定
  • 消費税申告の選択
  • 現金情報の入力
  • 銀行登録と残高の入力
  • 得意先(売掛金)情報の設定
  • 経費情報の設定

 

少し難しいと感じてしまうかもしれませんが、

入力していくだけなのでそこまで迷わないはずです。

 

■事業所名

開業届けに記載した名前を入力します。

 

■申告書の選択(青色・白色)

青色申告を選びましょう。

 

■年度情報の設定

運用を開始する年度を選択します。

平成27年に開業した場合は『平成27年度』とします。

 

■消費税申告の選択

売上が年間1000万円を超えない場合は必要ありません。

売上が1000万円を超える場合は課税事業者扱いとなり

消費税の納付が必要になります。

課税事業者扱いとなる場合は税理士さんにお願いすると良いでしょう。

 

■現金情報の入力

事業用に準備している現金を入力します。

分からない場合は入力しなくても大丈夫です。

 

■銀行登録と残高の入力

事業専用の口座を用意しておいてこちらに登録しましょう。

具体的には事業収入が振り込まれる銀行、

経費支払を行う銀行などです。

預金残高は開始時点での残高金額を入力します。

 

■得意先(売掛金)情報の設定

こちらは、飛ばしてしまってOKです。

後から、入力することができます。

 

■経費情報の設定

『経費』として使用する項目を設定します。

経費に資料する勘定科目が分からない場合は

こちらの記事を参考にしてみてください。

>>ネットビジネスでよく使う勘定科目一覧

 

初期設定ではあまり神経質にならずに、

とりあえず入力を終わらせて次に進みましょう。

 

青色確定申告のやり方

 

ネットビジネスで収入を得る場合の青色申告の流れをご紹介します。

 

1,帳簿を付ける

 

青色申告をする場合は日々帳簿付けが必要になりますが

お金の流れを把握しやすくするために事業用の口座と

生活費用の口座を予め分けておくことをおすすめします。

 

ASPからの振り込みなどの収入は事業用の口座にまとめて、

経費として落ちる費用もなるべく事業用の口座の

お金を使うようにすると後から分かりやすいです。

 

具体的に使用する帳簿の種類は、

  • 現金出納帳
  • 預金出納帳
  • 売掛帳
  • 振替伝票

の4種類です。

tyoubo

 

商品の仕入れがある場合などは買掛帳の

入力も必要となると思いますが、

アフィリエイトなどの場合は不要ですね。

 

■現金出納帳

事業に必要な物品を現金で購入した場合など、

事業に関わる現金の流れを記帳します。

 

現金出納帳の具体的な書き方や記入例は以下の

記事で別途解説しているのでそちらをご覧ください。

>>現金出納帳の記入例・書き方

 

■預金出納帳

事業に使用している銀行口座の内容を記帳します。

口座振替で引き落とされた場合や、報酬の振込など

があった場合に都度預金出納帳にも記帳します。

 

預金出納帳の具体的な書き方や記入例は以下の

記事で別途解説しているのでそちらをご覧ください。

また、利子を受け取った場合の処理も解説しています。

>>預金出納帳の記入例・利息の仕訳方法

 

■売掛帳

売掛帳は収益が発生して、振り込みが先になる場合や

支払い義務が発生し、支払いが先になる場合などに

発生した段階のやりとりを記帳していき、

収益の回収日や支払日も記帳していきます。

 

つまり、報酬や支払いが発生した時点と、

報酬を受け取った、支払いをした時点の

両方が入力される形になります。

 

>>売掛帳の記入例・書き方

 

■振替伝票

 

個人事業主の場合、個人のクレジットカードで経費で

落ちるものを立て替えるという場合もあります。

そういった場合にこの振替伝票を使います。

カードの使用代金はまとめて引き落とされますが、

その中から経費分を分けるというイメージです。

 

実際にカードの代金から経費を振り返る場合は

このような処理を行っていきましょう。

hurikae

2月20日に Amazon で 1,080円のボールペンを購入しました。

ただ、クレジットカード払いなので支払いは翌月まとめて請求されます。

なので、2月20日にクレジットカードで事業に必要なボールペンを

購入し、1,080円の代金をカード払いで立て替えているという意味です。

もちろんこの時のカード利用明細は必ず保管しておきましょう。

 

2,家事按分を計算する

 

帳簿を全て記帳して終わりではありません。

実は決算をする前に『家事按分』という事をします。

 

事務所と自宅が同じという場合には

生活費か経費かということが曖昧になっていまうので、

使用割合から按分をしていきます。

 

主に按分が必要となる経費は以下の3つです。

 

・地代家賃

・水道光熱費

・通信費

 

>>家事按分のやり方

 

決算書の作成

 

青色申告する年の1月1日(もしくは開業日)から

12月31日までの帳簿に全ての内容を記帳したら決算書の作成をします。

決算をする前には記入漏れや誤りがないかなどを

もう一度くまなく確認しておきましょう。

 

青色確定申告の決算を行う場合は必要書類が4枚あります。

 

  • 損益計算書 : 1枚
  • 損益計算書の内訳 : 2枚
  • 賃借対照表 : 1枚

 

 

帳簿に記入漏れや誤りがなければ、

住所などを入力するだけで終わります。

後はプリントアウトするなどしておきましょう。

会計ソフトを導入した喜びはここでようやく報われます。

>>やよいの青色申告の決算方法と決算書の書き方

 

所得税確定申告書Bの作成

 

決算書の作成が完了したら、次に所得税確定申告書Bを作成します。

所得税確定申告書Bは第一表と第二表の2枚に分かれます。

こちらも『やよいの青色申告』を使用していれば、必要事項は

ほとんどすでに入力されている状態になっています。

 

ただ、年金・生命保険・住宅ローン・医療費などの各種控除金額を

控除欄に入力していく必要があります。

 

ちなみに、サラリーマンから独立して開業した場合には

その年に給与所得があったと思います。

退職にあたって源泉徴収票をもらっているはずなので、

そちらを見ながら給与の欄に入力が必要となります。

 

どちらにしても、各種控除に関するハガキや書類が

手元にあれば問題なく入力することができます。

なので、各種控除に関するハガキや書類はなくさないように

取り扱いには十分注意しておきたいところですね。

 

こちらも全ての項目を入力すれば完了なので、

プリントアウトしてそのまま税務署に提出できます。

 

税務署で青色確定申告

 

・損益計算書 : 1枚

・損益計算書の内訳 : 2枚

・賃借対照表 : 1枚

・所得税確定申告書B : 2枚

 

合計6枚の提出書類が揃ったら、

提出が必要な控除証明書や源泉徴収票を合わせて

税務署に持って行って確定申告をすれば完了です。

 

青色確定申告が終わったら

 

税務署に申告書類の提出が終わったら、

『帳簿の保管義務』が発生していますので

しっかりと帳簿を保管しておきましょう。

 

保管義務7年のもの

・決算書類

・各種帳簿の保存

・現金預金取引関係の書類(通帳・請求書・領収書)

 

保管義務5年のもの

・見積書

・注文書

・納品書

・送り状

 

会計ソフトに保存されているデータもありますが、

一度全てプリントアウトして同じ年のものをで

まとめておくと分かりやすくなります。

 

ネットビジネスで収入を得る場合は税金のことも

考えなければならなくなってきますが、

まずは、青色確定申告ができるように準備しておきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す