青色申告と白色申告の違いとは?メリットを比較してみた

どうも、NOKAです。

本記事では 『青色申告』 と 『白色申告』 の違いや、

それぞれのメリット、デメリットについて

分かりやすく解説をしていきます。

 

青色申告と白色申告の違いとは?

 

サラリーマンとして働いていると、会社が年末調整という

形で申告を代行してくれているので、

自分で税務署に申告をする必要はありません。

また、サラリーマンの場合には 『給与所得控除』

という形で自動的に所得税から控除されます。

 

しかし、個人事業主として事業所得を得る場合には、

自分で税務署に申告をして税金を納めなければなりません。

また、個人事業主の場合にはサラリーマンのように

給与所得控除がないので、『経費』 を帳簿に記帳し

所得税から控除を受けるために青色申告という方法が

あるということになります。

 

青色申告と白色申告のメリットデメリット

 

まずは、青色申告と白色申告の違いの表を見てみましょう。

c96af7ffb7c168e79280d29e1c5bd5c1

 

最も大きな違いとなるのが、特別控除の金額です。

65万円控除が受けられる青色申告の帳簿は

複式簿記といって本格的な記帳方法となり、

素人が手書きで行うことは不可能に近いですが、

会計ソフトを導入すれば十分可能です。

 

白色申告と10万円控除の青色申告は

手間がかからない簡易簿記という記帳方法です。

あまり所得がない場合はこちらの方が楽だと思います。

ただ、どちらも簡易簿記の記帳が必要であることを

考えると白色申告をするメリットはありません。

 

さらに、青色申告の場合は、

赤字になった場合に赤字分を3年間繰り越して

控除に金額を加えることができます。

 

また、青色専従者給与は、家族を従業員にする場合、

その給与を課税対象額から差し引くことができます。

(※事前に書類を提出したり給料の金額を

設定するなどの手続きが必要となります。)

 

また、複式簿記で記帳をすれば特別控除65万円を

受けられるなどのメリットが青色申告にはあります。

 

65万円青色申告がおすすめ

 

複式簿記の記帳を素人が行うのは不可能に近いですが、

会計ソフトを導入すれば必要事項を入力するだけで

自動的に計算してくれるのでチャレンジすることができます。

また、様々な特典を考慮しても65万円控除の青色申告が

最もお得で節税効果が高いといえます。

 

ただ、青色申告を行いたい場合は、

事前に税務署に申告が必要となります。

具体的には、『所得税の青色申告承認申請』の

提出が必要となります。

 

所得税の青色申告承認申請の提出期限は、

申請を受けたい年の3月15日までか、

開業してから2ヶ月以内の提出が必要です。

 

これから、開業する場合は 『開業届』 と一緒に

『青色申告承認申請』 も提出すると手間が省けます。

 

白色申告と青色申告ですが、

一番おすすめは65万円控除の青色申告です。

会計ソフトの導入は必須になりますが、

その分節税効果が大きく、様々な特典を受けられるので、

チャレンジしないのはもったいないと思います。

 

>>青色申告のやり方と流れ

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す