プロフェッショナルとアマチュアの違いとは?一流と二流の定義

どうもNOKAです。

本記事ではアマチュアとプロフェッショナルの違いや

一流と二流の定義について

動画で解説していきます。

 

それでは早速動画をご覧いただき、

アマチュアとプロフェッショナルの違い

についての思考をインプットして下さい。

 

 

アマチュアとプロの違い

 

アマチュアとプロフェッショナルの定義について

辞書を引いてみると、

 

アマチュア

 

  • プロフェッショナルではない人
  • 素人

 

プロフェッショナル

 

  • その分野で生計を立てている人
  • 専門知識を有している人
  • その分野に対して厳しい姿勢で臨む人

 

このように定義がされていました。

 

アマチュアとプロフェッショナルを比べてみると、

アマチュアの人がビジネスを成功させることは

不可能であるということが分かります。

 

ビジネスは人がいることによって成り立ちます。

自分のお客様に対して中途半端な対応や振る舞いを

するということは、信じてお金を支払ってくれる

クライアントさんに対して失礼ですよね。

 

アマチュアの人がビジネスをしていったところで

失敗するのは目に見えているということです。

 

ビジネスを始めた瞬間はアマチュアレベルだったとしても

プロフェッショナルとしてやっている

という意識姿勢を持つことが大切です。

 

もちろん、プロとしてやる以上期待値が高くなります。

期待値が高くなりますがそれに応えられるようにしましょう。

完璧に応えられなくても今できることを全力でこなしていると

自然と自分の実力もついていきます。

 

ビジネスを始めていてもまだビジネスを始めていなかったとしても

自分自身のクオリティを上げるためにプロ意識を持つということは

 欠かすことのできない要素の一つになります。

 

クライアントさんは自分が望む価値が手に入る

のであればどこから買っても同じことになります。

そうなると安売りで価格競争になっていきますが、

自分にしかない価値を提供できるようになれば

それが付加価値となり高価格でも価値を提供することができます。

 

初心者だからというのはやめましょう。

初心者であっても、プロ意識を持つことによって

やがてプロフェッショナルになっていきます。

 

その結果お客様も自分も幸せになることができます。

 

ビジネスをする以上はプロでなければなりません。

常にプロ意識を持って自分の行動や言動に

責任を持つことはビジネスの礼儀といえます。

自分はプロフェッショナルであるという高い

意識を持ち続けるようにしていきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

lifeisfantasy



コメントを残す